Top > 腕立て伏せをしてバストアップ

腕立て伏せをしてバストアップ

バストアップの基本は大胸筋を鍛えてバストの土台部分をしっかりさせるという事です。そのために有効的だといわれているのが昔ながらの運動方法なのですが「腕立て伏せ」です。


こう書いてしまいますと、バストアップさせようと一生懸命腕立て伏せをしてしまう人が出てきてしまいそうですが、このバストアップを目的とした腕立て伏せの場合には、行う際の注意事項があるのです。まず、腕立て伏せの回数はやり過ぎないようにしましょう。本来、腕の筋肉を強化する運動なのですから、やり過ぎてしまうと当然筋肉が付いてしまい、胸全体が硬くなってしまう可能性があります。胸が硬くなってしまってはちょっとニュアンスが違いますね。


せっかくキレイにバストアップしようと思っていたのに逆効果にもなりかねません。腕立て伏せでバストアップをしようとする場合は、1日20回位が適度な回数となっています。


次に、腕立て伏せのやり方についてですが、胸の奥にある筋肉を鍛えるのであれば、床に付く腕の幅を肩より少し広めにするといいのでしょう。次に、腕立て伏せをしている時の呼吸法ですが、腕を曲げる時に息を吐き、腕を伸ばす時に息を吸うようにするとより効果があがるのです。
イメージも大切です。腕立て伏せを行う時はただ単に回数をこなせばいいとか思わずに、大胸筋がキレイに引き締まっていく感じをイメージしながら腕立て伏せを行う方がより効果的だと思います。皆さんもキレイなバストが作れるように頑張っていきましょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
バストアップをするための悩みとは(2015年3月 1日)
バストアップをするためには(2015年3月 1日)
バストアップは遺伝によるものなのか?(2015年3月 1日)
バストアップに悪いもの(2015年3月 1日)
バストアップと下着(2015年3月 1日)