Top > 垂れてしまったバストをアップさせる

垂れてしまったバストをアップさせる

バストアップというものは単純にバストのサイズを大きくするというものではなく、垂れているバストを持ち上げるようにしたり、張りを出すようにしたりするという意味も含まれています。


では、実際にバストアップをする上で大切な事は何だと思いますか。それは「常にいい姿勢で生活している事」なのです。何故かというと、試しにちょっとだけ猫背になってみて下さい。自分のバストを見てみると垂れてしまっている事が実感できると思います。


このように、姿勢が悪い人は、自らバストが垂れてしまうような状況を作っているという事になってしまうのです。ですから、常にいい姿勢を保つ事にするのが大切だという事になるのですが、姿勢の悪い人が急にいい姿勢になろうとしても、当初はかなり苦労だと思います。何故かというと、普段、弛んで緊張感がなくなってしまった筋肉を、常に緊張させていなければならないからです。「バストが垂れる」イコール「胸の筋肉が弛んでいる」という事ですので、地道な方法で張りますが、胸の筋肉を緊張させていく習慣づけから、魅力的なバストアップができるように頑張っていきましょう。


ところで、出産して授乳期が終わった頃も、バストが垂れてしまったり萎んでしまったりする状況としては危ない時期といわれています。授乳期にはおっぱいを赤ちゃんにあげるために、乳腺が活発に活動していますので、バストの張りも出るのですが、授乳期が終わってしまうと乳腺自体が役目終了といった感じで活動を止めてしまいます。そうなるとバストも垂れたり萎んだりしてしまう事になってしまいます。この場合には、マッサージやエクササイズ、豊胸手術等といった方法があります。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
バストアップをするための悩みとは(2015年3月 1日)
バストアップをするためには(2015年3月 1日)
バストアップは遺伝によるものなのか?(2015年3月 1日)
バストアップに悪いもの(2015年3月 1日)
バストアップと下着(2015年3月 1日)