Top > バストアップは遺伝によるものなのか?

バストアップは遺伝によるものなのか?

バストアップを望んでいたのに、もう諦めてしまった人も多くいると思います。親の胸が小さいから遺伝しているのだと考えている場合もあるでしょう。


バストの大きさを左右させるのには、乳腺の発達度合いが大きく関係しています。この「乳腺の発達」に関していえば、遺伝性についてかなり関係しているのではないかといわれています。


他にも、女性ホルモンの分泌量とのもかなり関係しています。乳腺の発達と同じように女性ホルモンの分泌に関しては遺伝的要素が大きいようです。


しかし、あきらめてはいけません。バストアップの妨げとなっているのは遺伝だけに限らず、人間の発育時期である「思春期~成人期」辺りの生活環境でも大きく違ってくると考えられているのです。


例えば、精神的にストレスを多く感じていたり、過剰なダイエットをしたり、競技活動などで筋肉を鍛えなければならない状況だったりする場合には女性ホルモンの分泌が上手くいかなくなり、バストアップが進まないと状況になってしまうのです。


これは遺伝性の要素とは異なるものですから、逆に、リラックスできる環境で健康的な生活をすれば、女性ホルモンの分泌は豊富になる可能性があるのです。バストアップだけに限らず身体が発育する大切な時期に、無理なダイエットをして痩せようとするのは、こんな所にも弊害があるものなのです。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
バストアップをするための悩みとは(2015年3月 1日)
バストアップをするためには(2015年3月 1日)
バストアップは遺伝によるものなのか?(2015年3月 1日)
バストアップに悪いもの(2015年3月 1日)
バストアップと下着(2015年3月 1日)