Top > 出産後のバストアップ

出産後のバストアップ

出産後のバストは、まるで自分のバストじゃないみたいに巨乳になります。出産前の今までのバストが嘘みたいな状態です。妊娠中と出産後のバストの大きさの違いに、案外喜んでしまう人も結構多いようです。


でもこのバストの大きさは赤ちゃんがおっぱいを飲まなくなった頃になると元に戻ってしまうのです。ですからバストアップも、そんな巨乳中の時期ではなく、元に戻っていく頃に対処をする事が大切になるのです。


何故かというと巨乳の時期にはバストが母乳で満たされています。しかしバストが元に戻ると中身も空っぽになって外側の皮膚そのものも張りがなくなって弛んでしまうという事になります。中身がなくなるのですから萎んだり弛んだりしてしまうのも、当然と言えば当然です。


では、どうすればそういう風にならないようにできるかというと、出産後のバストケアなのです。但し、自己流だと効果は怪しいので、出産後のバストケアは病院でアドバイスをしてもらうといいでしょう。


インターネットにもいろいろ情報が取り上げられていると思います。又、各下着メーカーでも出産後用に専用の補正下着を開発したりしていますので、これらの併せ技でバストアップ効果をより効果的に行えると思います。


バストアップをする時のポイントは、バスト周りの筋肉も一緒に鍛えた方がいいという事です。その効果としてバストに張りを出したり、垂れてしまったバストを持ち上げたりします。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
バストアップをするための悩みとは(2015年3月 1日)
バストアップをするためには(2015年3月 1日)
バストアップは遺伝によるものなのか?(2015年3月 1日)
バストアップに悪いもの(2015年3月 1日)
バストアップと下着(2015年3月 1日)